綾野剛さん主演ドラマ『コウノドリ』が毎週金曜夜10時放送中ですね~♪

妊婦さんに起きる、体の変化や、心のケアまですべて描いてくれる素敵なドラマですよね(*^-^*)

 

毎回、涙なしではみれなくなっているのですが、いよいよCMが流れるだけで、目がウルっと来るようになってきております、、笑

 

そんな『コウノドリ』なんですが、ドラマの中で現れた、『トーラック』や『ブイバッグ』という言葉、聞きなれないですよね?

今回はトーラックやブイバッグとは何なのか、そのリスクについても見ていきたいと思います!

スポンサードリンク



コウノドリのトーラックやブイバッグとは何?

ドラマ『コウノドリ』の4話の中で出てきた言葉なんですが、『トーラック』や『ブイバック』についてみていきましょう!

 

『トーラック』…帝王切開後の自然分娩を希望(挑戦)する場合

『ブイバック』…帝王切開後の自然分娩で出産(成功)した場合

 

どちらも同じ意味ではありますが、する前とした後の言い方が違うようですね!

 

今回、4話の中でテーマとなるのですが、安めぐみさん演じる蓮は『トーラック』を希望します。

希望する理由としては、第一子を帝王切開で産んだことにより、ちゃんと愛せていないのでないかと不安になっているのです。

 

ただ、この『トーラック』をするにはかなりのリスクがあることがわかりました!

 

コウノドリのIUFDとは?赤ちゃんはどうなるの?

コウノドリ2のピアノ演奏は綾野剛が?曲名や楽譜は?

トーラックやブイバックのリスクは?

スポンサードリンク



ドラマ『コウノドリ』中で出てきた『トーラック』ですが、ドラマの中でもリスクについて語られておりました。

まず、『トーラック』をする場合は、子宮破裂が起こる可能性があるのです。

 

帝王切開で出産した際にできた傷が、二度目の出産の陣痛で傷が開き、子宮破裂を起こしてしまうことがあるんだそうです!

 

子宮破裂をしてしまうと出血も多くなり、赤ちゃんだけでなく母体にも危険が伴いますし、子宮を全摘出しないといけない場合もあるのだそうです。

 

また、赤ちゃんを早く分娩してあげないと、障害が残る可能性も考えられるのだです。

このように、『トーラック』に挑戦するということは、母子共に危険なリスクがあるということがわかりました。

 

ドラマの中で、『トーラック』に挑戦した蓮でしたが、陣痛促進剤が使えないことから、危険な状態となり、帝王切開に切り替えての出産となったのでした!

 

コウノドリ2の主題歌の歌手や曲名は?歌詞が泣けると話題に!

コウノドリ出演の未熟児子役の現在は?NICU卒業生の今は元気に!

コウノドリ2期 未熟子はエキストラで本物?その撮影方法とは?

コウノドリのトーラックやブイバックについてまとめ

出展:https://twitter.com/kounodori_tbs

ドラマ『コウノドリ』についてみてきましたが、まとめてみましょう!

・『トーラック』は帝王切開後の自然分娩を希望すること!

・『ブイバック』は帝王切開後の自然分娩で出産したこと!

・挑戦するには母子共に危険を伴うということを理解する必要がある!

 

帝王切開で出産した場合、子供に対して愛情が薄くなるなんてことは、ないと思います!

『コウノドリ』の中でも、蓮が出産する際、目の前にいる子供に『もっと頑張るから』と伝えるのですが、『お母さんは頑張ってるよ』と子供が言葉をかけるのです(*^-^*)

 

子供はちゃんとわかってるんですね!

毎日、子育てが大変でも、この瞬間忘れることができるのだなと感じました!

 

出産方法だけではなく、どう愛情をもって育てるか、そして無事に生まれてくれることが一番大切なことだと思います♪♪

 

ドラマの見逃し配信はこちら

コウノドリ2の動画1話

コウノドリ2の動画2話

コウノドリ2の動画3話

コウノドリ2の動画4話

コウノドリ2の動画5話

コウノドリ2の動画6話

コウノドリ2の動画7話

スポンサードリンク